求人情報のススメ

求人情報のススメ、求人情報の使い方、求人のノウハウ

M&A合戦

 中国中鋼集団公司とJPモルガン証券(アジア太平洋)有限公司はこのほど、「戦略協力枠組覚書」を取り交わした。中鋼集団はJPモルガンの鉄鋼石業界に おける経験と総合金融サービススキルをフルに活用し、国際資本市場や国際買収合併(M&A)、企業のグローバル資金管理などの分野で全方位型・深 いレベルでの協力を展開していく方針。
中鋼集団によると、JPモルガンとの戦略的提携によって、同集団は企業総合力と核心競争力をさらに向上させ、業界内でより積極的な役割を果たしていくという。
中鋼集団は国務院国有資産監督管理委員会の管理下にある大型中央企業で、中国の鉄鋼メーカー大手を相手とする原料プロバイダ・製品代理店。一方の、JPモルガン・チェースグループは世界最高の実力を備えた総合金融サービスグループとして知られる。(編集KM)

NIKKEI NET  より

中国でも、本格的にM&Aが始まりそうです。

広告

6月 13, 2007 Posted by | Uncategorized | コメントをどうぞ

転職サイトの選び方

転職サイトの選び方は、求人の質、量で選ぶ。。 いろいろな判断基準があるかもしれませんね。
求職者が転職に何を希望するかによって、違うと思いますが、求人情報サイトを選ぶ基準は、やはり、求人情報の量と質ではないでしょうか?

私は人生の中でも仕事はとても大きな部分を占めるもので、就職・転職に至っては人生の一大イベントだと考えています。 これから就職や転職で新しい会社を探されるのであれば、まず転職で失敗することと、転職で成功するという話があることを認識しておくと良いと思います。
転職の成功を目指すには、求人情報の探し方などの前に、その意味。つまり、転職をする意味、もっと言えば、働く意味というのを理解しておく必要があります。
通常の転職では、次の4つの要因が現在の環境と変わることになります。転職というのは、職種を変えること、業種を変えること、職場を変えること、役職を変えることという具合に大きく4つです。このどのタイプを選ぶかは、あなたの目的次第なのです。

今、あなたが、中小SIのSEをしているとします。連結会計を中心とする情報系システムの導入に関わるコンサルティングサービスに従事してきたが、下請け会社としてのこの会社の将来性や今後考えられる仕事内容に限界を感じ、より主体的、積極的にコンサルティング業務に携わっていけるフィールドで仕事をしたいと考えた場合は、大手会計系ファームで連結会計コンサルタントとして働くという道もあります。職種、業種、職場、役職という転職で変わる環境をどう見るかにより転職の方向も変わってくるのです。
日本でも仕事の方法は、今後よりアメリカ的になってくるでしょう。どんな職場でも自分の価値を高めることがだいじです。そういった経験とスキルがあれば、どこへ行ってもうまくやっていけるでしょう。今働いている職場でよい仕事ができているかどうかというのは、実は、転職で成功するかどうかという指標でもあるのです。よって、今の仕事に不満があっても、できるだけ努力を続けることが大事です。


 

4月 11, 2007 Posted by | Uncategorized | コメントをどうぞ

求人情報と履歴書の関係 ③

それでは、働きたい環境が明確になった次は、どうしたらよいでしょうか?

ここまで、自分の中で転職活動の動機を明確にした後に、初めて求人情報を探すのです。

求人情報サイトで、あなたの希望に合いそうな企業が複数出てきました。

さあ どうしたらよいでしょうか??

この段階では、社風、企業規模、将来性、などの観点から企業を選びます。

例えば、A社は歴史が長く、安定もしている 。従業員数は1500。

B社は、10数年前後の比較的に新しい会社で、従業員は50人。自由な社風が売り。

C社は、外資系で、完全な実力主義、成果が出れば給与は高く、仕事はハード。

さて、全く同じ仕事でもこの3社では、仕事の雰囲気から、従業員、給与、将来性などが全く異なっています。 あなたの行きたい会社はどこでしょうか?

実は、これこそが、履歴書の志望動機に書くべき項目なのです。 志望動機は、成長しているからとか、自分のスキルが活かせるからというのでは不十分なのです。 成長している企業なら、たくさんありますし、スキルの活かせる企業もたくさんあります。

3月 29, 2007 Posted by | Uncategorized | コメントをどうぞ

求人情報と履歴書関係 ②

それでは、次にどういう仕事をしたいのかを決めましょう。

これがやりたい。と決まっても、その仕事のどの部分に関わりたいのか?を決める必要があります。

例えば、「最近人気の人材系の仕事がしたい」と決めたとします。

しかし、「人材系の仕事したい」だけでは、不十分です。人材系の仕事の何がしたいのか?例えば、人材系といってもたくさんあります。

人材派遣会社なのか? 人材紹介会社なのか? 求人情報を運営している会社なのか? それとも、採用コンサルティング業務を行うBtoBの会社なのか?  組織コンサルティングの会社なのか?

また、仕事内容にも目を向けなくてはいけません。

人材コーディネーターなのか? 求人情報サイトを運営するメディア事業部なのか? エグゼクティブサーチを行うヘッドハンターなのか?  人材派遣会社で派遣スタッフの勤怠管理を行う事務職なのか?

コミュニケーションをとるのが好きなので、人を多く話す機会がある仕事をしたい、そして、全ての人に働くことを楽しんでもらいたいので、人材系の仕事がしたい。 だから、私は人材派遣会社で、人材のコンサルティング業務を行う人材コーディネーターという仕事をやりたい。

ここまで、くると、かなり明確ですね。

3月 29, 2007 Posted by | Uncategorized | コメントをどうぞ

Hello world!

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!

1月 30, 2007 Posted by | Uncategorized | 1件のコメント