求人情報のススメ

求人情報のススメ、求人情報の使い方、求人のノウハウ

転職サイトの選び方

転職サイトの選び方は、求人の質、量で選ぶ。。 いろいろな判断基準があるかもしれませんね。
求職者が転職に何を希望するかによって、違うと思いますが、求人情報サイトを選ぶ基準は、やはり、求人情報の量と質ではないでしょうか?

私は人生の中でも仕事はとても大きな部分を占めるもので、就職・転職に至っては人生の一大イベントだと考えています。 これから就職や転職で新しい会社を探されるのであれば、まず転職で失敗することと、転職で成功するという話があることを認識しておくと良いと思います。
転職の成功を目指すには、求人情報の探し方などの前に、その意味。つまり、転職をする意味、もっと言えば、働く意味というのを理解しておく必要があります。
通常の転職では、次の4つの要因が現在の環境と変わることになります。転職というのは、職種を変えること、業種を変えること、職場を変えること、役職を変えることという具合に大きく4つです。このどのタイプを選ぶかは、あなたの目的次第なのです。

今、あなたが、中小SIのSEをしているとします。連結会計を中心とする情報系システムの導入に関わるコンサルティングサービスに従事してきたが、下請け会社としてのこの会社の将来性や今後考えられる仕事内容に限界を感じ、より主体的、積極的にコンサルティング業務に携わっていけるフィールドで仕事をしたいと考えた場合は、大手会計系ファームで連結会計コンサルタントとして働くという道もあります。職種、業種、職場、役職という転職で変わる環境をどう見るかにより転職の方向も変わってくるのです。
日本でも仕事の方法は、今後よりアメリカ的になってくるでしょう。どんな職場でも自分の価値を高めることがだいじです。そういった経験とスキルがあれば、どこへ行ってもうまくやっていけるでしょう。今働いている職場でよい仕事ができているかどうかというのは、実は、転職で成功するかどうかという指標でもあるのです。よって、今の仕事に不満があっても、できるだけ努力を続けることが大事です。


 

4月 11, 2007 Posted by | Uncategorized | コメントをどうぞ